サイトについて 会社概要 企業のみなさまへ お問合せ
インターンシップとは? インターンシップ 入社パスポート獲得インターンシップ インターンブログ ジョイブ通信 お垂オ込み
*
*お垂オ込み*
*

インターンシップ総合研究所

会社概要

企業のみなさまへ

採用について

お問合せ

企業のみなさまへ

前向きな人材こそが企業の「ちから」です。

アルバイトや正社員を募集・採用されるにあたり、求人広告費を大きく 使っても、少しも良い人材は来ない(時には全く応募が無い)等と苦心をされることはございませんか?

インターンシップ総合研究所の【インターンシップ採用】は優秀で前向きな人材を効率的コストで 採用するのための新しい人材活用・採用システムです。

サービス内容
  • インターンシップ学生紹介
  • インターンシップ広告事業

企業様向けお問合せフォーム

インターンシップ採用をご検討される企業さまへ

以下のフォームにご記入後、【送信】 ボタンを押してください。
後ほど担当よりご連絡させて頂きます。 (* は入力必須項目)

御社名*
担当者役職
担当者氏名*
(かな)
郵便番号
住所
お電話番号*
メールアドレス*
御社URL
質問など*

人材採用において企業が抱えるリスク 【インターンシップ総合研究所】

雇用が流動化する中、人材採用戦略はますます難しいものとなってきています。

採用した人材をせっかく教育しても早期に退職されてしまうため、会社を成長させようと人材を採用したのにかえって成長を遅らせてしまい兼ねない・・ という悩みをお持ちの企業さまも多いようです。

特に最近、戦力となる優秀な人材のみを効率的に採用する手法 に注目が集まってきております。

人材採用に際し企業側が抱えるリスク として、

  1. 採用した人材が実際に会社に貢献できるかどうかというリスク

    ・能力、適性、モチベーションのミスマッチは面接のみの採用であればどうしても避けられず、またミスマッチとなった人材は評価が低くなり、 そうした方はまわりにも不満を投げかけるため、組織がより不安定となります。

    1人の腐ったみかんはまわりをも腐らせるため、【1人1人の採用をより慎重に】 行う必要があります。

    インターンシップ採用では適性や面接では分からなかった性格(粘り強くない、口だけで責任感がない、愚痴が多い、など) が分かり、企業に合うかどうかを見極めた上で採用ができます!

  2. 早期退職(入社1〜3年での退職)の人件費負担のリスク

    ・面接では「頑張ります!」と言っていたのに。こちらも企業にとっては大きな痛手です。 特に1年以内に辞めてしまう方は入社後すぐになんらかの不満を抱えていることも多く、ただ、一旦入社したからにはすぐには辞められず、 その不満をまわりにぶちまけながら1年間過ごされることになってしまいます。

    3年以内で辞められては、企業としてはその方の採用は失敗であり、その分の赤字をまわりが埋め合わせすることになり、まわりへの負担も増大し組織としても辛くなります。

    インターンシップ期間の人件費を抑えることができ、どちらかというと 【成果に見合った費用】 となるため、 固定費ではなく 【変動費】 として考えることができます。

  3. 研修期間(戦力になるまでの期間)の人件費負担のリスク

    ・戦力になるまでは、企業としてはそれまでの人件費はあくまで投資であり、3〜5年以上の在籍でようやく回収できるものです。

    またその間は、人材側も「本来はこれだけの給与をもらうべきだけの貢献をしていないので、今は投資をしてもらっている」と、研修期間を謙虚に受け止め企業に感謝すべき時期、 本当は 「授業料を払う」 ぐらいの気持ちを持つべきですが、最近では「給料をもらうのは当たり前」・「力がついた段階で(恩返しをせず)独立、転職しよう」 と簡単に思っている方が多いようです。

    弊社では、謙虚な心構えでインターンシップに挑む、ということに最も力を入れています。そのため、「まだ戦力になっていないので給料はいりません」・「何もできないから掃除でも飛び込み営業でも何でもします」 と発言できる学生が多くいます。 (こうした学生を見ると、まだまだ日本も大丈夫、と勇気づけられます。)

インターンシップ総合研究所【インターンシップ採用】 は、そういった企業側のリスクを回避すべくインターン生の教育に大きな力を入れており、 『コスト対比の人材のパフォーマンス』 を発揮できるよう日々努めております。 オーダーを頂いた企業さまほとんどより、追加人材オーダー・リピートを頂戴しております。 ぜひお気軽にお問い合わせください。

一般採用インターンシップ採用 の違い

一般採用 インターンシップ採用
1) 履歴書による書類審査 1) インターンシップ総合研究所面接
2) 面接 2) カウンセリング
3) 合否決定 3) 履歴書による書類審査
  4) 企業面接(スタッフ同行)
  5) 合否決定

このように事前に面接・カウンセリングを行っているため、(企業側から見ると)「書類審査」 や 「一次面接・適性判断」などの一切の経費や時間ロスなしに、それらをインターンシップ総合研究所側で行っていることになります。

このことで、常に 【モチベーションの高いインターン生】 を安定してご紹介し
お喜び頂くことができるわけです。


▲ページトップへ
copyright(c)INTERNSHIP-SOKEN.COM All Rights Reserved.